コンテンツにスキップする

石連会長:1月末灯油在庫は例年並み確保へ

石油連盟の渡文明会長(新日本石油会長) は18日の定例記者会見で、灯油価格の高騰について、現在の需要が続いても1 月末在庫は例年並みを確保するとのとの見解を示した。また、灯油の分譲値上げ 内容に業界各社を指導するとしている。

一方、新日石としては今月に20万キロリットル輸入するとの考えを明らか にした。2月の同社原油処理量については前年比横ばいを計画しているとしてい る。

昨年11月以降の厳しい寒波を受けて、灯油やA重油といった暖房用燃料は、 軒並み急上昇している。業界誌リムが提供する灯油の業者間現物価格(京浜地 区)は、17日時点で1キロリットル当たり8万800円。11月7日の安値からは 71%高となり、過去10年間の最高値を更新した。

新日本石油の株価終値は前日比14円(1.6%)安の875円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE