コンテンツにスキップする

米ヤフー10-12月:増益、広告収入好調-利益は予想以下で株価急落(2)

インターネット検索エンジン大手の米ヤフ ーが17日発表した2005年第4四半期(10-12月)決算は、前年同期比83%増 益となった。年末商戦中の広告収入の伸びと、中国部門売却に伴う利益が寄与 した。

同社発表によると純利益は6億8320万ドル(1株当たり46セント)と、 前年同期の3億7250万ドル(同25セント)を上回った。一部項目を除いたベ ースの1株利益は16セントとなり、ジェフリーズのアナリスト、ユーセフ・ス クアリ氏の予想17セントに届かなかった。売上高は前年同期比39%増の15億 ドルだった。

売上高の増加は、米ウォルマート・ストアーズなどの小売業者からの需要 好調で、年末商戦中の広告収入が伸びたことを示している。テレビや印刷媒体 を越えてネットを通じた広告が拡大していることが、同社にとっての追い風と なっている。

決算は取引終了後に発表された。同社株は21セント高の40.11ドルで通常 取引を終了。時間外取引では、ニューヨーク時間午後4時43分現在、4.44ド ル安の35.67ドルと大きく下げている。ヤフー株について投資判断を行ってい るアナリスト37人は、23人が「買い」、13人が「ホールド」、1人が「売り」 としている。

同社は10-12月期に、中国部門をオンライン小売りで中国最大手のアリバ バ・ドット・コムに売却したことに伴う利益を計上。前年同期は、グーグル株 売却益(1億8500万ドル)を計上していた。

他のサイトへの広告料支払いを除いたベースの純売上高は前年同期比 36%増の10億7000万ドルとなり、スクアリ氏の予想と一致した。同社はこの 日、今年1-3月期の純売上高を10億4000万-11億ドルとする予想を発表し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE