コンテンツにスキップする

フジテレビ株が急落、出資先ライブドアに強制捜査-楽天など影響(2)

フジテレビジョンの株価が急落。一時前日比で 9%超の値下がりとなった。出資先で2位株主になっているライブドアに東京地検 の強制捜査が入ったことを受けた売り注文が相次いでいる。楽天といったIT(情 報技術)関連銘柄の株価も軒並み大幅安。

フジテレビの株価は売り気配値を切り下げた後に売買が成立、一時前日比で2 万9000円(9.03%)安の29万2000円まで下落した。昨年12月22日(29万1000 円)以来ほぼ1カ月ぶりの安値。午前9時45分現在で同1万9000円(5.9%)安の 30万2000円で取引が進んでいる。値下がり率は東証1部4位、売買代金は54億円 と同19位。

フジテレビはライブドアに13%近くを出資して堀江貴文社長に次ぐ2位株主と して資本・業務提携を結んでいる。そのライブドアに東京地検特捜部と証券取引等 監視委員会が16日夕、強制捜査に踏み込んだ。子会社が他社を買収した際の取引で、 証券取引法の「風説の流布」に当たる疑いがあるとしている。

これを受けてライブドアとライブドアマーケティング株は大量の売り注文を浴 びており、いずれも9時45分にストップ安(値幅制限いっぱいの下落)売り気配に なった。ライブドア株の下落は含み益の減少につながり、業務提携を進めるうえで もメリットはない。

楽天株も大幅安。一時前日比で1万1000円(9.8%)安の10万1000円まで下 落した。インデックス、USEN、ソフトバンクといったライブドアに並ぶ代表的 なIT関連銘柄にも売り注文が先行して軒並み安になっている。ライブドアが買収 したダイナシティとライブドアオート、セシールはいずれも午前9時45分でストッ プ安かそれに近い水準まで売り気配値を下げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE