コンテンツにスキップする

トヨタ:新型「エスティマ」発表、全面改良-月7000台の販売目標(3)

トヨタ自動車は16日、大型ミニバン「エス ティマ」を6年ぶりにフルモデルチェンジ(全面改良)し、16日発売したと発 表した。価格は266万7000円-367万5000円、月間7000台の国内販売を目指 す。2-3月には海外輸出も開始する。アジア、オセアニア、中近東などで合わ せて月間2000台を販売する予定。

渡辺捷昭社長は記者会見で、「ミニバン市場は年々拡大しており、全市場 (軽自動車を除く)の4分の1を占めるまでになった。トヨタは高級ミニバンの 先駆者としての役割を果たしてきたが、エスティマに磨きをかけることで、さら に市場をリードしていきたい」と述べた。渡辺社長はまた、ガソリンエンジンと 電気モーターで走る新型エスティマのハイブリッド版を今夏投入する予定である ことを明らかにした。

1990年に発売した初代エスティマから15年余りが経ち、今回は3代目とな る。新型エスティマはサスペンションを一新、2005年11月に発売した新型「R AV4」で初めて実用化された新開発のプラットフォーム(車台)を使用した。 出力を高めた排気量2400㏄のエンジンと、新しく搭載した3500ccのⅤ6エンジ ンを用意し、力強い走りを実現した。ライバル車種はホンダの「エリシオン」や 「オデッセイ」など。

天井パネルには世界初、豊かな音響効果を生み出すスピーカーシステムを装 備。7人乗り用の2列目シートは最大80センチメートルのスライドが可能で、 シートと一体型のオットマン(足置き台)を設置。3列目シートを床下に格納す ることができ、飛行機の「ファーストクラス」のようなゆとりあるスペースを確 保した。

エスティマはトヨタを代表するミニバンで、初代からの国内累計販売台数は 127万8000台。世界全体では175万台を販売している。01年にはハイブリッド 版も発売した。トヨタのハイブリッド車としては「プリウス」に次いで2番目、 ミニバンとしては初めてだった。

トヨタの株価終値は前終末比90円(1.5%)安の5880円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE