コンテンツにスキップする

USEN株が昨年来高値を更新、携帯向け音楽番組無料配信を材料視

有線放送事業者USENの株価が出来高を伴っ て大幅高となり3日続伸した。株価は昨年来高値を更新。同社が携帯電話ユーザー向 けに無料で音楽番組を配信する新事業を開始することが新聞で報じられたことがきっ かけとなり買いが膨らんでいるようだ。

午前の株価終値は、前営業日比180円(5.1%)高の3700円。午前の取引では 一時は同6.5%高の3750円まで上昇する場面もあった。同株価は2001年4月の上場 以来の2番目となる高値(分割調整後)。出来高は59万株で、前営業日の3倍を越 える大商いとなった。

明和証券の矢部靖夫顧問は「将来的に収益増加に寄与しそうな材料が出たことが市 場で評価され、買いが膨らみ高値を更新したようだ。ただ、今後のハイテク関連のこの 手の株価推移は読みにくい」という。同氏は「ただ、USENはこれまでも放送と通信 の融合に向けた動きのなかでは積極的な働きかけを行ってきており、今回の新サービス もその流れの一環と捉えられる」という。

USENは16日、携帯電話のユーザーに向けた新しいサービスを開始する。昨 年末から試験的に実施していたサービスを同日正午から無料化する予定。新事業の名 称は「どこでもUSEN」で、事業の柱は「着メロ」「着歌」のダウンロード、音楽 CDの通信販売、音楽番組のストリーミングの3つとなる。いずれも、NTTドコモ の第3世代携帯電話「FOMA」の利用者向け。USENはこれにより既存事業を利 用した事業拡大を図る方針。同サービスでは放送番組にスポンサー広告を挿入するこ とや通信販売での音楽CD販売で収益の向上も図る方針だ。USEN広報担当者の岡 根麻実氏が同日、明らかにした。

16日付の日本経済新聞朝刊は、同社が携帯電話向けに無料で音楽番組を配信す る事業を開始すると報じていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE