コンテンツにスキップする

【主要朝刊】省庁再々編論が浮上、GMの昨年世界販売は1位死守

朝刊各紙の主なニュースは以下の通りです。

【各紙】 ▽政府・与党:省庁再々編、本格検討-放送・通信の融合など ▽GM:昨年の世界販売920万台、1位死守-27年ぶり900万台超 ▽日航:また整備ミス、逆噴射装置作動せず、昨夏に続き ▽大雪ピークは越える、雪崩など警戒は引き続き必要 ▽新生児誘拐事件:赤ちゃん無事保護、犯人3人逮捕-身代金6150万円要求 ▽高齢者施設全焼、7人死亡-認知症グループホームで

【朝日】 ▽三菱重:太陽電池事業、本格参入へ-長崎に新工場建設、来年にも生産開始 ▽男性化粧品の購入、中高年層が拡大-7割が50歳以上の店も

【読売】 ▽第一三共:持ち株会社完全統合の時期、半年程度前倒し検討-06年10月めど

【日経】 ▽東芝:2006年3月期連結営業益は3割増の2000億円強-半導体が好調 ▽金融庁:銀行格付け導入、今月から試行―三菱UFJなど第一弾 ▽三洋電:米でテレビ事業てこ入れ-液晶、リアプロをハイビジョン対応 ▽アイシンAW:ハイブリッド車基幹部品、トヨタが生産委託-レクサス向け ▽中華映管、台朔光電の台湾2社:プラズマパネル生産、事実上撤退

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE