コンテンツにスキップする

12月軽新車販売は8.4%減の13万4134台-年間では過去最高を更新

全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が5日 発表した12月の軽自動車(排気量660cc以下)の販売台数は前年同月比8.4% 減の13万4134台で、9カ月ぶりにマイナスとなった。2005年の年間ベースで は前年比1.7%増の192万3717台と2年連続でプラスとなり過去最高を更新、 初めて190万台を突破した。

12月のシェアは、スズキが33.0%となりトップ。年間でも32.1%と33年 連続で首位を維持した。ダイハツは12月が30.5%、年間では30.6%となり、暦 年ベースで初の3割を達成した。

昨年2月の月間新車販売台数では、スズキが14年ぶりに軽の首位から転落、 ダイハツがトップに立った。ダイハツは5、7月も首位をとっており、年間を通 じるとスズキの9勝3敗。ダイハツは創立100周年の07年までに年間で国内販 売トップを目指している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE