コンテンツにスキップする

金融庁:金融機関に再点検要請、優越的な地位乱用など独禁法の問題で

金融庁は5日午後、公正取引委員会が昨年末 に三井住友銀行に対して独占禁止法違反で排除措置命令を出したことを受けて、 すべての預金取扱金融機関に対して独禁法上の問題が生じないように再点検を要 請すると発表した。

金融庁は金融機関に対し、金融取引、金融商品・サービスの販売などで、 1)取引先に影響力を及ぼし得る立場になりやすいことを踏まえ、取引などの適 切性が確保されているのか、2)融資などに関連した相談・苦情について、上記 の観点から、迅速かつ十分な分析・検討・改善が行われているのか――という2 点について自ら検証し、問題があれば是正するよう求めている。

公正取引委員会は2005年12月26日、三井住友銀行に対し、融資先企業に 取引上の優位な立場を利用して金融商品の購入を実質的に強制しており、優越的 地位の乱用で独禁法違反にあたるとして、排除措置命令を発動した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE