コンテンツにスキップする

メキシコ株とブラジル株が最高値更新-CVRDなどが相場をけん引

3日のブラジルとメキシコ株式市場で、株価 指数が過去最高値を更新した。ブラジルでは鉄鉱石最大手のバレ・ド・リオド セ(CVRD)、メキシコでは携帯電話サービス中南米最大手のアメリカ・モー ビルが相場をけん引した。

ブラジル株の指標、ボベスパ指数は前日比1033.31ポイント(3.1%)高の

34540.58と、昨年6月14日以来で最大の上昇を演じた。CVRDが上昇の115 ポイント分を占めた。メキシコ株の指標、ボルサ指数は同574.99ポイント (3.2%)高の18500.69と、2002年11月27日以来の大幅高となった。

アクティンベル(メキシコ市)の株式トレーダー、アレハンドロ・ベタン クール氏は「この日は複数のエマージングマーケット(新興市場)で、極めて 力強い年明けの上昇となった」と述べ、「あらゆる経済データが相場を押し上げ る水準にある」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE