コンテンツにスキップする

06年金相場見通し:オイルマネーや年金などで上昇-経験則通用せず

2006年の海外金相場は強気に推移しそうだ。 オイルマネーや年金、アジアの需要増加などを背景に、金相場は上昇基調を続け るとの見方が出ている。

ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)日韓地域代表の豊島逸夫氏は、 「オイルマネー、アジアマネー、年金マネーが買いの御三家。高値を支える大き な要因になる」と強調する。原油価格の上昇により利潤を得た資金を中東産油国 がオイルマネーとして金に投資する動きが目立つという。

国際的な指標であるニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI(ウエ スト・テキサス・インターミディエート)原油は05年、1バレル当たり70ドル を突破、史上最高値を更新。今後も原油相場は高値圏で推移するとの見方が強く、 金への投資は続きそうだ。

また、中国やインドなどでは金の需要が旺盛で、資産としての保有も増える うえ、年金なども加わるなど、複合的な要因が相場を支える。豊島氏は「金相場 は持続性のある上昇相場になる」と指摘する。

ただ、豊島氏は「過去の経験則が当てはまらない」とも述べており、これま での相場展開とは違う流れも予想されるという。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門で金先物(2月 限)は05年12月7日、1トロイオンス当たり517.80ドルを付け、24年ぶりの 高値を更新した。

--共同取材:関根裕之、曽宮一恵 Editor:Asai

大久保義人 Yoshito Okubo (81)(3)3201-3651 yokubo1@bloomberg.net シンガポール Reinie Booysen at (65) 6212-1154 rbooysen@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE