コンテンツにスキップする

上海の銅先物相場:6営業日ぶり反落-裁定取引業者がポジション整理

上海銅先物相場は28日、6営業日ぶりに反 落した。銅相場が、20日以来、5.6%上昇したことから、買い手が利益を確定する ためポジションの一部を整理した。

サウスウエスト・フューチャーズのバイスプレジデント、沈海華氏によると、 相場間の価格差を利用して利益を得るため上海で銅を購入し、ロンドンで売却し ていた裁定取引業者が、ポジションの一部を上海先物取引所で売却し、ロンドン で買い戻したとみられる。

沈氏は電話インタビューで「トレーダーによる利益確定の売りで銅相場が下 落した」と指摘。「供給は逼迫(ひっぱく)した状態が続いており、市場は再び 上昇する可能性が高い」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場3月限は、前日比最大230元(0.6%)安の1ト ン当たり4万1700元となった。上海時間午前10時45分現在、同4万1780元で 取引されている。27日は過去最高値で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE