コンテンツにスキップする

インド株(終了):センセックス指数、反発―リライアンスが高い

インド株式市場では、ムンバイ・センセ ックス30種株価指数が反発し、2カ月ぶりの大幅上昇となった。企業業績見通 しを考慮すれば、前日の同指数の1.9%下落は行き過ぎとの見方が投資家の間 に広がった。リライアンス・インダストリーズが上昇をけん引した。

センセックス指数の終値は前日比197.27ポイント(2.1%)高の

9283.16と、10月31日以来で最大の上昇率となった。インド証券取引所(ナ ショナル)上場の50銘柄で構成するCNXニフティー指数は同56.30ポイン ト(2.1%)高の2805.90。

国内最大の民間企業リライアンス(RIL IN)は34.45ルピー(4.1%) 高の866.75ルピー。インドの商業銀行2位、ICICI銀行(ICICIBC IN)は18.3ルピー(3.3%)高の577.95ルピー。インド2位のソフトウエ アメーカー、インフォシス・テクノロジーズ(INFO IN)は47.25ルピー (1.6%)高の2996.8ルピー。

センセックス指数は26日、過去2カ月間で最大の下落率を記録。欧米諸 国がクリスマス休暇のため、今週は海外投資家の動きが低調になるとの観測が強 まっていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE