コンテンツにスキップする

映画「キング・コング」が3140万ドルで首位維持-週末の北米興行収入

米ユニバーサル・ピクチャーズ制作の映画 「キング・コング」は、26日まで4日間の北米興行収入(推計)が3140万ドル (約37億円)と、前週末に続いて首位となった。上位10位までには封切り直 後の5作品が入ったが、興行収入はキング・コングを上回るには至らなかった。

調査会社エグジビター・リレーションズによると、キング・コングに次い で2位になったのは、前週と同じ米ウォルト・ディズニーの「ナルニア国物語 /第一章:ライオンと魔女」(公開3週目)で3010万ドル。3位はソニー・ピ クチャーズエンターテインメントの作品で、公開されたばかりのジム・キャリ ー主演作品「ディック&ジェーン/復讐は最高!」(2350万ドル)だった。

キング・コングは1933年制作の名作「キング・コング」のリメーク版(ピ ーター・ジャクソン監督)で、今月14日の封切り以降の興行収入は計1億1870 万ドルに達した。ただ、年内の興行収入は、今年1年間の減少に歯止めをかけ るには不十分とみられる。

ボックスオフィスモジョ・ドット・コムのブランドン・グレイ社長は「キ ング・コングは予想または期待されたような独占状態にはなっていない」と語 り、ナルニアに対する家族からの関心が週末の人気につながったもようだと述 べ、「娯楽映画や家族向け映画はクリスマス休暇に人気が出る傾向がある」と分 析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE