コンテンツにスキップする

証券株が相次いで52週高値を更新-株価の先高期待根強く買い先行

証券株が高い。野村ホールディングスや大和 証券グループ本社など52週高値を更新する銘柄が相次いでいる。日経平均株価が 1万6000円台で危なげなく推移しているほか、東証2部指数も初めて5000ポイン トの大台に乗せるなど株式相場が堅調に推移していることが背景となっている。

午前の取引開始から52週高値を更新する銘柄が相次ぎ、東証1部上場銘柄で は野村HD、大和証Gのほか、新光証券、水戸証券、東海東京証券、SMBCフレ ンド証券、髙木証券などが52週高値を更新している。

休暇に入った外国人投資家が多いことから売買高は前週末に比べて伸び悩み気 味だが、「需給面や金利動向から考えて、株式相場が簡単に変調をきたすとは考え にくい。外国人投資家の参加が減ったことで売買高がやや少なくても、証券株を売 る状況ではない」(SBI証券の鈴木英之投資調査室長)との声が出ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE