コンテンツにスキップする

7&i:「様々な方向性含め検討」、ミレニアムリテイリ買収統合

イトーヨーカ堂やセブン-イレブン・ジャパ ンの持ち株会社セブン&アイ・ホールディングスは25日、西武百貨店とそごうの持 ち株会社であるミレニアムリテイリングの株式の過半数を取得したうえで経営統合す る方向で最終調整しているとの報道について「現在さまざまな方向性含め検討してい る」とのコメントを発表した。

25日夜のNHKニュースは、7&iがミレニアムリテイリング株の65%を野村 証券系の投資会社から買い取り、2グループ統合する方向で大詰めの交渉をしている と報じた。現在は買い取り価格などの内容を最終調整しているとしている。この統合 が実現すれば売上高が7兆円余りになり世界でも上位5社に入る規模の巨大な流通グ ループが誕生するとNHKは報じている。

この報道について7&iは、自身の発表ではないと前置きしたうえで、検討して いる事実を追認し、「何らかの進展があれば延滞なく発表する」ともコメントした。

また、ミレニアムリテイリングの山口公義・広報担当は、報道について「正式に 決まったことではないのでコメントできない。26日に臨時取締役会が開催されるの で、その内容次第で発表するかもしれない」と述べた。

7&i株の22日終値は、前日比80円(1.8%)安の4410円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE