コンテンツにスキップする

米グーグル:取得したAOL株を08年7月売却する権利‐公開も可能

インターネット検索サイトを運営する米グ ーグルと米メディア大手タイム・ワーナーの合意によると、グーグルはタイム・ ワーナーから取得する同社インターネット部門アメリカ・オンライン(AOL) の株式5%を、2008年7月に株式公開によって売却することができる。

グーグルは23日、米証券取引委員会(SEC)への届け出で合意の詳細を 明らかにした。それによると、グーグルがAOL株の売却を決めた場合、タイ ム・ワーナーはAOL株を買い戻すか、株式公開かを選択することができる。 株式公開を望まない場合、タイム・ワーナーはグーグルの保有株に対して「適 切な市場価格」を支払うという。

タイム・ワーナーのリチャード・パーソンズ最高経営責任者(CEO)は、 グーグルとの提携がAOLの広告収入を増やし、業績立て直しにつながると期 待している。広報担当者エドワード・アドラー氏は23日、インタビューに答え、 同社はAOLの株式公開は計画していないと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE