コンテンツにスキップする

ウシオ電株が急騰、米社にデジタル映写機納入へ-5年5カ月ぶり高値

ウシオ電機の株価が急騰している。一時前日 比で10%超の値上がりとなり、今年に入っての最高値を更新している。米社にデジ タルシネマ映写機を2000台以上納入することが明らかになり、収益と株価を押し上 げるとの見方が出ている。

株価は一時前日比で290円(10.7%)高の3000円まで値上がりした。連日の上 昇で、11月28日に付けていた年初来高値(2800円)を上回った。2000年7月21 日(3150円)以来ほぼ5年5カ月ぶりの高値になる。午後1時27分現在で同215 円(7.9%)高の2925円で取引が進んでいる。

ウシオ電機は21日、米3位シネコンチェーンのカーマイク・シネマズが運営す る米国内2300スクリーンにデジタルシネマ設備を導入する契約を19日(米国時 間)結んだとホームページに開示した。2006年1月から設置が始まり、2007年10 月までに完了するとしている。カーマイクは19日にこの導入を発表している。

21日付の日経新聞は、ウシオ電機がデジタル映写機を2100台以上受注したと 報じた。ドイツ証券の日暮善一アナリストは21日付リポートで、この報道を受けて 映写機だけの売上高で年間80億-100億円の効果があり、2007年3月期から2008 年3月期の収益を押し上げると予想した。

そのうえで「株価に対しては短期的にポジティブ」と強調した。同時にフロン トプロジェクタランプの不振から収益動向には注意が必要とも指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE