コンテンツにスキップする

米レイノルズ・アメリカン:JTから米免税店での販売権取得

米たばこ2位レイノルズ・アメリカンは 19日、「キャメル」など一部のたばこブランドを米免税店と海外米軍基地の小 売店で販売する権利を、日本たばこ産業(JT)から取得することで合意した と発表した。

レイノルズの発表によると、手続きは年内に終了する見込み。合意条件は 明らかにしていない。

レイノルズは今回の販売権取得により、米免税店や海外の米軍基地の小売 店での販売品目を拡充する。発表文によると、同社は販売促進活動を集約し、 効率性を高めることができる。

JTとの合意での対象ブランドは「ウィンストン」や「セーラム」、「ナ ウ」、「バンテージ」、「モア」、「ドラル」など。JTは海外の米軍基地の 小売店を除き、こうしたブランドの海外販売権は維持する。

レイノルズの株価終値は前週末比34セント(0.4%)安の96.95ドル。

-- Editor: Mirabella (kmm, jfh)

(1) (336) 808-1348 cburritt@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: ニューヨーク Alan Mirabella (1) (212) 617-4149 amirabella@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE