コンテンツにスキップする

ダイハツ:06年国内販売計画は4.5%増の63万台-生産は約20%増

ダイハツ工業の箕浦輝幸社長は19日、新型 軽自動車「ESSE(エッセ)」の発表会見で、2006年の同社の販売計画および 生産計画を明らかにした。それによると、06年の国内販売計画は前年比4.5%増 の63万台としている。

販売計画のうち、軽自動車は同1.7%増の60万台、また輸出台数は10.7%増 の12万4000台となった。同計画では、来年の軽自動車全体の需要見通しを194 万台としている。また、来年の同社のシェアを現在の30%超から31%にできる限 り近づけることを目標としている。

一方、生産台数計画は世界で19.8%増の139万8000台と3年連続で過去最高 を見込む。このうち国内生産台数は20.6%増の106万6000台としている。国内生 産のうち、トヨタ自動車向けOEM(相手先ブランドによる生産))は84.6%増 の31万2000台、ダイハツ車は5.5%増の75万4000台。

海外生産台数計画は17.3%増の33万2000台と二ケタの伸びを見込んでいる。

ダイハツの株価は前週末比7円(0.6%)高の1242円(午後1時49分現在)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE