コンテンツにスキップする

村上ファンド:ドリームテクノの株式保有比率を半減-大量保有報告書

村上世彰氏率いるM&Aコンサルティング(通 称「村上ファンド」)が、画像閲覧ソフトの開発・販売や通信関連事業を手掛けるド リームテクノロジーズの保有株式を13.96%まで減らしていたことが、16日に財務省 に提出された大量保有報告書で分かった。直前の報告書では保有比率は27.36%だっ たため、保有比率は半減したことになる。

報告書によると、最近60日間のM&Aコンサルのドリームテクノ株式の売買状 況は、11月18日に1株1万5930円で31万3873株取得。その後21日から12月14 日まで11回にわたって最低22株、最大10万株を売却するなどの取引をしていた。

11月18日から12月14日までのドリームテクノロジーズの取引時間中の株価は、 高値が3万8700円(11月29日)、安値が2万6600円(12月14日)で、いずれも 取得額を上回っていた。

ドリームテクノロジーズの16日の株価終値は前日比900円(3.6%)高の2万 6100円。

-- 共同取材:福田章人 Editor: Taniai

谷合 謙三 Kenzo Taniai (81)(3)3201-8291 ktaniai@bloomberg.net

Peter Langan (813)3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE