コンテンツにスキップする

「グーグル効果」で取締役もせん望の的に-報酬増加で

インターネット検索サイトを運営する米 グーグルの株価高騰で、同社従業員はシリコンバレーで「せん望の的」だが、こ こにきて同社取締役も同じようにせん望の目で見られそうだ。

企業統治に関する調査会社コーポレート・ライブラリーによれば、グーグル は、新取締役にストックオプション(自社株購入権)と株式を数百万ドル相当付 与する。これに対し、マイクロソフトの取締役に対する年俸は17万5000ドル にすぎない。

グーグルは、アニメ制作のピクサーの元最高財務責任者(CFO)、アン・ マザー氏に対し、先月の取締役会入りに伴い236万ドル(約2億7370万円)相 当のオプションを与えた。同氏に先立ち、インテルのポール・オッテリーニ最高 経営責任者(CEO)もグーグルからオプションを付与されており、その評価額 は2420万ドル相当と、同CEOが現在保有するインテル株のオプションより多 い。

米カリフォルニア州パロアルトに近いスタンフォード大学法科大学院のロバ ート・デインズ教授(法・経営学)は、「信じられないほどの報酬を提供した」 と語り、「グーグル効果だ」と指摘した。

マザー氏に対する付与額は、取締役就任時に支払うものとしては、コーポレ ート・ライブラリーの過去3年間のデータで最高だと、上級研究員のポール・ホ ッジソン氏は話す。

ラッセル・レイノルズ・アソシエーツのマネジング・ディレクター、タッ ク・リッカーズ氏は、企業が報酬を増やしている背景には、取締役の責任が重み を増していることがあるとみる。サーベンス・オクスリー法(企業改革法)など の新たな制度が取締役の業務負担を増やしているという。

ワシントン・サービスによると、グーグルの株価が400ドルを突破したこ とで、創業者2人を含む同社取締役は、44億6000万ドル強の利益を得た。

グーグルの株価は15日、前日比3.57ドル高の422.53ドル。今年は2倍 以上に値上がりしている。

--共同取材 ニューヨーク Phillip Cruz ロサンゼルス Rodney Yap Editor: Antonelli(zls)

kshugo@bloomberg.net      Editor:Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク Jonathan Thaw (1)(212) 617-2616 jthaw@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Emma Moody (1)(212) 617-3504 emoody@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE