コンテンツにスキップする

【注目株】ドコモ、日本精工、輸出株、日立モバイル、銀行株(2)

16日の材料銘柄は以下の通り。

NTTドコモ(9437):韓国2位の携帯電話会社KTフリーテルに出資を 含めた包括提携を結ぶことで合意したと発表した。出資額は約5649億韓国ウォ ン(655億円)で、KTF株の10%を取得する。韓国の携帯電話が第3世代(3 G)携帯電話に移行する時期に、資金だけでなく、技術・サービスなど包括的 な提携関係を構築し支援する。

日本精工(6471):傘下の天辻鋼球製作所(6475)を株式公開買い付け(T OB)により完全子会社化すると発表した。TOB価格は1株2050円で、買い 付け期間は12月16日から来年1月19日。TOBの総額は419億円。天辻鋼球 株の15日終値は1569円。

輸出関連株:15日の海外市場で円が一時1ドル=115円台に上昇。量的緩 和政策の解除が近いとの見方を背景に円は2日間で3円以上値上がりした。円 高は輸出採算の悪化をもたらす。

日立製作所(6501):自動車機器事業の強化のため、日立モバイル(9429) を株式交換で完全子会社化すると発表した。株式交換比率は日立製作所1株に 対し、日立モバイル1.036株で、来年4月1日付で実施する。日立モバイルは 上場廃止となる。

地銀株:16日付の日本経済新聞の報道によると、上場地方銀行88行・グル ープの9月中間決算が出そろい、うち57行の最終損益が黒字に転換した。融資 業務は伸び悩んだが、不良債権処理損失の減少や手数料収入の伸びが業績改善 をもたらした。ただ赤字も6行あり、収益格差が広がっている。

丸紅(8002):16日付の日経新聞によると、独水道会社ベルリンヴァッサー・ インターナショナルを買収する。06年3月をめどに同社の発行済み株式の80% を60億円で取得する。

日本航空(9205)、ヤフー(4689):JALグループの航空券販売やポイ ントの相互交換などで包括提携を結んだ。

日興コーディアルグループ(8603):米シティグループによる売出価格が 1株当たり1673円に決まった。売出価格は15日の株価終値1708円から2.04% の割引率となった。売り出しの総額は約1029億円。

日本農産工業(2051):16日付の日経新聞は、同社が仏飼料最大手エビア リスと技術提携する、と伝えた。エビアリスが持つ抗生物質を使用しない高機 能飼料技術を導入し、06年度中に国内で発売する。

西友(8268):世界最大の小売業者ウォルマート・ストアーズ傘下の西友 は15日、都内で臨時株主総会を開催し、第三者割当増資による新株発行や、ウ ォルマートのエドワード・ジェームズ・カレジェッスキー氏が代表執行役CE O(最高経営責任者)に就任することを正式決定した。

双日(2768):米ボーイングから次世代中型機B787の主要構造部の輸送管 理業務を受託した。16日付日経新聞が報道した。

USEN(4842)、大和証券グループ本社(8601):USENと大和証券 SMBCは15日、映画などのコンテンツ(情報の内容)を投資対象にしたファ ンドを共同で設立することで合意した。ファンド出資金額は300億円が上限で、 USENグループと大和証が折半出資する。ファンドの存続期間は10年。

ナルミヤ・インターナショナル(3364):秋物の販売が低調だったため、 1月通期の業績予想を下方修正した。経常利益は従来予想より48%減額し16億 2000万円を見込む。配当は年4600円から3000円に引き下げた。

新華ファイナンス(9399):第三者割当増資の費用約5億円の計上により、 12月通期の連結経常損益は2億2700万円の赤字となる。従来は2億4700万円 の黒字を予想していた。

ジー・エフ(3751):主力の自動テレマーケティング・システムの販売や サービス収入が好調で、10月通期の連結経常利益は45%増の3億円に伸びた。 2006年10月期は、41%増の4億3000万円を見込む。また2005年10月期の期 末配当を予想より500円増額し3000円とした。株式分割を考慮すると実質的に 前期の2倍となる。

サイバーエージェント(4751):2006年9月通期の純利益予想を75%上方 修正し35億円とした。保有有価証券、子会社株式の売却益を計上する。

スバル興業(9632):減損損失の計上で10月第3四半期は連結純損益が14 億円の赤字となった。道路事業は前年を上回ったが、盛岡駐車場を改築のため 閉鎖したことや有楽町スバル座をアスベスト対策工事で休館したため、経常利 益は45%減の3億4500万円。

イオンモール(8905):2月通期業績予想を小幅上方修正し、連結経常利 益は170億円(従来予想は160億円)を見込む。また期末の普通配を従来予想 より5円増やし20円とし、さらに特別配5円を加え合計25円とする。株式分 割を考慮すると実質的に10円増配。

ベルーナ(9997):来年4月1日の株主を対象に1株を2株に分割する。 また2006年3月期の配当を30円に増配する。従来は25円と予想していた。

パーク24(4666):2005年10月期の期末配当を従来予想に3円上乗せし 15円とした。年20円となる。

データプレイス(3781):来年1月31日の株主を対象に1株を2株に分割 する。

ネットワークバリューコンポネンツ(3394)、GMOホスティング&セキ ュリティ(3788): 16日に東証マザーズに上場する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE