コンテンツにスキップする

「東アジア共同体」形成を主導-ASEAN+日中韓が首脳宣言を採択

マレーシアのクアラルンプールで開か れた東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議は12日 午後(日本時間同)、2020年までの「東アジア共同体」形成に向けてASE ANプラス3が主導的な役割を果たしていく決意を打ち出した共同宣言を採択 して閉幕した。

ASEAN10カ国に日中韓を加えた13カ国の首脳は昼食会と全体会合 の2回にわたって鳥インフルエンザやテロへの対策などについても意見交換し た。同会議は閉幕した。日本外務省が現地で記者説明した。

13カ国の首脳は宣言で「東アジア共同体を長期的目標として実現してい く共通の決意をあらためて表明した」と言明。この枠組みが「目標を達成する ための主要な手段だ」と強調した。

中国の主張反映-「共同体」枠組みで

「東アジア共同体」の枠組みをめぐっては、中国などが主張する「ASE ANプラス3の13カ国」とするか、インドなどが唱える「東アジアサミット の16カ国」とするかで、主導権争いが続いていたが、宣言には中国側の意向 が色濃く反映された形だ。

また13カ国の首脳は宣言で、1999年に採択した「東アジア協力に関す る共同声明」に続くあらたな共同声明「東アジア協力に関する第2共同声明」 を2007年にとりまとめることで合意、宣言に作成作業の開始を明記した。

1.35億ドル支援表明-インフル対策で小泉首相

小泉純一郎首相は新型インフルエンザの発生や感染拡大を防止するため、 インフルエンザ治療薬タミフルの50万人分の備蓄が必要だとして、日本とし て約1億3500万ドル(約163億円)の支援を行う方針を表明した。日本政府 はこのうち約1億1440万ドル分を今月閣議決定する2005年度補正予算案に 計上する方針。

*T

ASEANプラス3首脳共同宣言(骨子)は次の通り。

▼ASEANプラス3の協力を引き続き促進する政治的意図を確認 ▼ASEANプラス3が「東アジア共同体」を達成するための主要な手段であ ることを確認 ▼この枠組みが地域の他のフォーラム・プロセスと補完的な形で地域枠組み全 体の不可分の一部を形成することを確認 ▼ASEANプラス3の10周年にあたる2007年に東アジア協力に関する第 2共同宣言を作成するための作業を開始することに合意

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE