コンテンツにスキップする

ASEAN+3首脳会議きょう開幕-14日に初の東アジアサミット(2)

マレーシア入りした小泉純一郎首相は 12-14日にクアラルンプールで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN) プラス3(日中韓)首脳会議、日ASEAN(東南アジア諸国連合)首脳会議、 東アジア首脳会議(サミット)などに出席する。

12日午前(日本時間同)にはASEAN10カ国と日中韓を加えた13カ 国による首脳会議が開幕。鳥インフルエンザやテロ対策などについて討議する。 首相同行の外務省幹部が現地で明らかにした。

首相、148億円の支援表明へ-鳥インフル対策

小泉首相は「東アジア共同体」構想を後押しするため、特に鳥インフルエ ンザ対策として、日本が1億3500万ドル(約163億円。日本外務省は約148 億円と換算)規模の支援を行う方針を表明する見通し。

具体的には新型インフルエンザの発生や感染拡大を防止するため、インフ ルエンザ治療薬タミフルを50万人分の備蓄などを求める考え。

東アジア共同体構想を「主導」-ASEANプラス3

ASEANプラス3は同日午後(同)、2020年までの「東アジア共同 体」形成に向けて、この13カ国がイニシアチブを発揮していくことなど明記 した首脳共同宣言を採択する予定。

13日午前(同)には日本とASEAN10カ国による首脳会談が開催され る。日ASEAN首脳は「東アジア共同体」実現に向けた連携・協力の強化を うたった初の共同声明を採択する。

「重要な役割担う」-東アジアサミット

14日午前(同)にはASEANプラス3にインド、オーストラリア、ニ ュージーランドを加えた16カ国による第1回東アジア首脳会議(サミット) が開催され、同サミットが「東アジア共同体」形成に向けて「重要な役割を担 う」との趣旨を盛り込んだ首脳宣言を採択する運びだ。同宣言は10日に開か れた同サミット外相会議で宣言案といて了承された。

日マレーシアFTA署名へ

首相はクアラルンプール滞在中にマレーシア、オーストラリアなど9カ国 の首脳との会談を行う。14日夜(同)の日マレーシア首脳会談では、ことし 5月に大筋合意した自由貿易協定(FTA)を柱とする経済連携協定(EP A)を締結する。同協定は2006年の半ばにも発効される。

首相、9首脳と会談へ-日中韓は見送り

首相の靖国神社参拝に伴い、これまでASEANプラス3首脳会議開催に 合わせて行われていた日中韓3カ国、日中、日韓の2国間会談は、中韓両国の 意向で見送られた。

首相は11日午前に政府専用機で羽田空港を出発、同日午前にマレーシア 入りした。首相は一連の日程をこなした後、14日午後(同)に現地を出発、 同日深夜に帰国する。

▼ASEANのメンバー(10カ国)
フィリピン
タイ
ブルネイ
ベトナム
インドネシア
ラオス
シンガポール
ミャンマー
マレーシア
カンボジア
▼東アジアサミットのメンバー(16カ国)
ASEAN
日本
中国
韓国
インド
オーストラリア
ニュージーランド
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE