コンテンツにスキップする

ドコモ:中国で携帯電話決済事業の企業に出資、約7億円

携帯電話世界2位のNTTドコモは12日、中 国で携帯電話を使って買い物などの決済サービスを可能にする結行信息技術(本 社:上海市)有限公司を所有する持ち株会社に600万米ドル(約7億2000万円)を 出資すると発表した。出資とともにドコモは、携帯電話事業の決済機能を搭載する サービスなどのノウハウを提供し、中国のジャスト・イン・モバイル社の中国国内 での事業拡大を目指す。

ドコモが今回出資するのは、持ち株会社のジャスト・イン・モバイル・インタ ーナショナルカンパニー(英領バージン諸島法人、本籍地:中国重慶)、払込予定 時期は来年1月を予定している。NTTドコモ広報部国際広報担当の津田知子氏は、 今回の発表について「これまでも中国企業に数社既に出資している」としたうえで、 今回の出資にも携帯電話関連技術に関連した成長企業への「投資の意味合い」もあ るとしている。

ドコモの株価終値は前日比1000円(0.5%)安の18万4000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE