コンテンツにスキップする

米タイム・ワーナー:AOL部門てこ入れで複数の企業と提携交渉

米メディア大手タイム・ワーナーのリチャ ード・パーソンズ最高経営責任者(CEO)は6日、ロサンゼルスで記者会見 し、インターネット部門のAOLの経営再建策をめぐり、複数の提携候補企業 と交渉していることを明らかにした。

パーソンズCEOは、交渉相手企業を明らかにしなかった。交渉の中心と なっているのは、AOLが会員制サービスから広告にビジネスを迅速に転換す る上で、提携先がどう貢献できるかという点だという。

同CEOは、AOLを株価てこ入れ計画の柱に位置付けている。同社の株 価は今年6%下落したため、資産家カール・アイカーン氏はタイム・ワーナー とパーソンズCEOの経営を批判し、自社株買いの増額やケーブルテレビ(C ATV)事業のスピンオフ(分離・独立)を提唱している。同氏は先週、タイ ム・ワーナーがAOLの株式を売却する場合、十分に高い価格でなければ同社 を提訴する構えを示していた。

パーソンズCEOは6日、AOLを売却する計画はないと言明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE