コンテンツにスキップする

米リーマンのエディズ氏:トルコ長期債投資推奨-通貨リラの上昇予想

米証券大手のリーマン・ブラザーズ・ホー ルディングスの新興市場ストラテジスト、トルガ・エディズ氏は、トルコの通 貨リラが対ドルとユーロで上昇すると予想し、トルコの長期債への投資を推奨 している。外国人投資家によるトルコの株式と債券購入拡大が続くとみている。

トルコの株式指数、イスタンブール・ナショナル100種指数は同国政府が 先月実施した法人税率の引き下げを受け、5年ぶりの高値を記録。また、欧州 連合(EU)各国よりも政策金利が高いことを背景に。リラは過去12カ月でユ ーロに対し15%、ドルに対し3%上昇した。

これを背景に、リーマンのエディズ氏は、ドルやユーロを短期で借り、そ れをトルコの長期債に投資するいわゆるキャリートレードを推奨する。

同氏は5日のインタビューで、トルコや「同国株式市場への資金流入は極 めて健全に見える。リラはキャリートレードに最も適した投資対象だ」と述べ た。トルコ生まれのエディズ氏はユーロやドルで構成するバスケット通貨に対 しリラを購入することを投資家に勧めており、2010年2月償還の債券投資に妙 味があるとしている。

リラは6日、対ドルで、1リラ=1.3526ドルと約2週間ぶり高値を付けた。 トルコの政策金利は13.75%と、同国では過去最低水準だが、EU各国や米国な どに比べ高い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE