コンテンツにスキップする

上海の銅先物相場:反発-供給が需要に追いつかないとの観測高まる

6日の上海銅先物相場は反発し、6営業日 で5回目の上昇となった。鉱山会社による銅の増産が、世界的な需要拡大に追い つかないとの観測が高まった。

金融サービス最大手、米シティグループはリポートで、ことしの銅需要が鉱 山やスクラップ場からの供給を14万5000トン上回るため、銅相場が1ポンド当 たり2.50ドルに達するとの見通しを示した。また、欧州最大の銀行、スイスの UBSは、10月時点の下落予想を変更し、銅相場が2006年も上昇を続けると見 込んでいる。

深セン・スター・フューチャーズの先物トレーダー、顧渊氏は上海からの電 話インタビューで「多くのアナリストが価格見通しを引き上げており、このこと が投資家心理を後押ししている」と指摘。「銅相場は、短期的には下落しそうに ない」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場2月限は、前日比最大180元(0.5%)高の1 トン当たり3万8500元となった。上海時間午前9時46分現在、同3万8410元 で取引されている。銅価格は年初来で32%上昇している。

-- 共同取材 ニューヨーク Claudia Carpenter Editor: Poole.

hhorie@bloomberg.net Editor:Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: シンガポール Chia-Peck Wong at (65)6212-1574 or cpwong@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: シンガポール James Poole at (65) 6212-1551 or jpoole4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE