コンテンツにスキップする

11月新車ランキング:新顔「ラクティス」が首位、カローラ抜く(3)

日本自動車販売協会連合会(自販連)が6 日発表した11月の国内新車販売ランキング(軽自動車・輸入車を除く)による と、10月に発売したトヨタ自動車のコンパクト2ボックスカー「ラクティス」 が初めてトップとなった。販売台数は1万1673台だった。前月の2位から順位 を上げた。

ラクティスは「ファンカーゴ」の後継車種。ブランド名やコンセプトを変更 し、トヨタがコンパクトカー市場でのさらなるシェア拡大を狙い投入した。先行 するホンダの「フィット」、日産自動車の「ノート」などを意識して開発した。 流行のガラスルーフをトヨタとして初採用している。

2位はトヨタの「カローラ」で6カ月ぶりに首位から転落した。3位はホン ダの「フィット」で、前月の4位から1ランク上げた。販売台数はカローラが前 年同月比21.3%減の1万1567台、フィットは同16.5%減の1万180台だった。 フィットは発売から約4年半が経過しているが、毎年上位を維持。ことしに入っ ても6位以下に落ちておらず、息の長さが際立っている。フィットの3位返り咲 きにより、トヨタ車のトップ3独占は1カ月で崩れた。

10月中旬に発売した三菱自動車の新型SUV(スポーツ型多目的車)「ア ウトランダー」は28位にランクインした。販売台数は3226台。三菱車が30位 以内に入ったのは、9月の「コルト」(29位)以来、2カ月ぶり。11月中旬に 新型車を投入した日産自の「ウイングロード」は05年9月(27位)を最後に30 位以内から姿を消していたが、今月は16位に入った。販売台数は4492台で前年 同月の2.2倍となった。

ガソリン価格の高止まりを背景に、トップ3など上位車種には燃費効率の良 い小型車の健闘が目立った。メーカー別では上位10車種のうち、トヨタが7車 種を占め、ホンダは2車種、日産は1車種にとどまった。

          【11月の登録車販売台数】

今月 前月   車名         社名       台数        前年同月比

1    2    ラクティス     (トヨタ)    11,673  (05年10月発売)
2    1    カローラ       (トヨタ)    11,567    (-21.3%)
3    4    フィット       (ホンダ)    10,180     (-16.5%)
4    3    ヴィッツ       (トヨタ)     8,998    (+2.1倍)
5    5    ウィッシュ     (トヨタ)     7,734    (-9.4%)
6    7    クラウン       (トヨタ)     7,550    (-12.7%)
7    6    ステップワゴン (ホンダ)     7,093    (+2.1倍)
8    9    アルファード   (トヨタ)     6,661    (+2.7%)
9    12    パッソ         (トヨタ)     6,264    (-32.3%)
10    13    ティーダ       (日産)       5,903    (-46.1%)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE