コンテンツにスキップする

米GMの工場閉鎖、年金関連立法が障害にも-さらなる難問

工場閉鎖を通じた70億ドル(約8440億円) の経費削減を目指す米自動車メーカー、ゼネラル・モーターズ(GM)に、米 議会がさらに難問を突きつけようとしている。

米下院は来週、年金基金の早期引き出しを禁じる法案を採決する予定だ。 GMのリック・ワゴナー最高経営責任者(CEO)は12拠点の閉鎖と3万人の 削減を計画しているが、910億ドルの年金基金を使わず、準備金によって早期退 職奨励金を賄うことを求められれば、同社の負担はさらに増す。

全米自動車労組の法務部門ディレクター、アラン・ルーサー氏は「GMに は年金基金以外に、早期退職の一時金を支払う財源がないかもしれない。従っ て、われわれとしては基金が使えなくなるのは困る」と話す。「退職に近い人 が年金を(早期に)引き出すのは製造業ではよく行われることで、これが工場 閉鎖を容易にしてきた」と同氏は説明した。

GMは赤字とジャンク級(投機的格付け)への引き下げなどで既に窮地に ある。年金をめぐる政府の監視強化は、金融部門の一部売却に影を落とすとと もに、年金債務をめぐる決算修正を必要とする可能性がある。

今回採決される法案は、1つにはGMの元子会社の自動車部品メーカー、 デルファイの破たんがきっかけになった。大規模な破たんを受け、税金を使っ た救済が必要になることを避けるため、議会は年金システムを見直すことを迫 られている。

米政府が運営主体となり企業年金が支払不能に陥った際に確定給付型年金 を部分的に保証する米年金給付保証公庫(PBGC)の収支は今年、228億ドル の赤字となっている。企業の積み立て不足が背景にあると米労働省はみている。 このため議会は、企業に十分な積み立てを強いる罰則やPBGCに支払われる 保険料の引き上げ、年金会計の明瞭化などを盛り込んだ法案を成立させようと している。

--共同取材: Laurence Arnold Editor:O'Connell (khf/rxj/scc).

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE