コンテンツにスキップする

UBS:銅の生産不足は06年も続く、平均価格予想を上方修正

欧州最大の銀行、スイスのUBSは1日、銅 の生産不足状態は2006年も続くとの見通しを示した。加工能力不足が原因だと いう。

UBSのロンドン在勤アナリスト、ダニエル・ブレブナー氏は、銅の需要は 生産量を10万トン上回るだろうと予想した。同氏はこれまで、20万トンの供給 余剰を予測していた。

UBSはまた、来年の銅の平均価格の見通しを1ポンド=1.80ドルとし、 従来予想の1.36ドルから引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE