上海の銅先物相場:反発-投機筋がLMEとの価格差で利ざや稼ぐ

29日の上海銅先物相場は反発した。投機筋 がロンドンで銅を売却する一方、上海で購入し、両市場の価格差を利用して利ざ やを稼いだ。

ロンドン金属取引所(LME)と上海先物取引所の銅の価格差は28日、過 去最大となった。上海金鵬フューチャーズの貴金属先物トレーダー、常小軍氏に よると、インドの銅製錬所で発生した爆発事故の影響で供給が抑制され、ロンド ンの銅相場が上昇しているものの、上海の相場は、中国政府による銅の売りで押 し下げられている。

常氏は29日の電話インタビューで「今のロンドンの現物価格は、かなり高 い水準だ。(ロンドンの現物価格と)上海の銅先物12月限との価格差が、一部 投資家による上海での買いにつながっている」と指摘した。

上海先物取引所の銅相場(2月限)は、前日比最大340元(1%)高の1ト ン当たり3万6260元となった。上海時間11時30分の午前の取引終了前時点で、 同3万6150元で取引されている。

-- Editor: Poole.

hhorie@bloomberg.net Editor:Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: シンガポール Chia-Peck Wong at (65) 6212-1574 or cpwong@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: シンガポール James Poole at (65) 6212-1551 or jpoole4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE