10月コンビニ販売は小幅増-ハイウェイカード終了でサービス大幅減

経済産業省が28日発表した商業販売統計速 報によると、10月のコンビニエンスストア販売額は前年同月比0.5%増となった。 3カ月連続でプラスとなったが小幅な伸びにとどまった。既存店は同3.0%減。高 速道路料金のプリペードカードである「ハイウェイカード」が9月に販売終了した ことが影響し、サービス売上高が大きく減少した。店舗数は3万9381店で、同

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。