円はドルに対して下げ幅拡大へ、2006年3月に123円も-豪ANZ

豪銀のオーストラリア・ニュージーランド 銀行(ANZ)は28日、円は対ドルでの下げ幅を拡大し、2006年3月には3年 ぶりの円安水準に達するとの見通しを示した。米国と日本の金利格差は拡大が 続くとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。