上海の銅先物相場:反落-韓国釜山のLME在庫増を反映

22日の上海銅先物相場は反落した。中国国家物資 備蓄局(SRB)が、銅の引き渡しに対処するため銅を出荷し、ロンドン金属取引所 (LME)の韓国の指定倉庫在庫が増加したとの観測が高まった。

LMEの発表によると、韓国の釜山にあるLME指定倉庫の在庫は21日、3000ト ン(15%)増加し、過去最高の2万3600トンとなった。深セン・スター・フューチャー ズの顧渊氏らトレーダーによると、SRBが、釜山の倉庫に2万トン、シンガポールの LME指定倉庫に1万トンを出荷した可能性がある。

顧氏(上海在勤)は「アジアにある指定倉庫の在庫はさらに増加するだろう。この ことは、SRBが備蓄から銅の一部を出荷したことを示唆している」との見方を示した。

上海先物取引所の銅相場(1月限)は、前日比最大260元(0.7%)安の1トン当 たり3万7010元となった。上海時間午前9時52分現在、同3万7090元で取引されてい る。

上海の銅相場の下落には、SRBが23日、中国国内の銅価格を引き下げるため、競 売で2万トンの銅を売却する予定であることも影響した。中国は世界最大の銅消費国。 中国国家発展改革委員会(国改委)は、ウェブサイトで競売について発表した。SRB は、16日にも銅2万トンを売却した。

-- Editor: White.

hhorie@bloomberg.net Editor:Abe 記事に関する記者への問い合わせ先: 上海 Helen Yuan at (86)(21) 5876-3049 or hyuan@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Poole at (65) 6212-1551 or jpoole4@bloomberg.net.