日本郵政公社:郵便貯金業務の純利益が1兆円超-みずほFGの3倍に

日本郵政公社が21日に発表した2005年9 月中間期決算では、郵便貯金業務の純利益が前年同期比で約2.6倍の1兆685億 円に達した。この水準は、みずほフィナンシャルグループの中間期連結純利益の 約3倍に相当する。株価上昇などで運用益が生じたことなどが寄与した。民営化 を2007年に控え、郵貯の存在感があらためて鮮明になった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。