飛島建設:350億円調達、UBSにMSCB-優先株の希薄化を抑制へ

経営再建中の飛島建設は22日、修正条項付の 転換社債型新株予約権付社債(MSCB)350億円を発行すると発表した。UBS AGロンドンが全額を引き受ける。過去に発行した優先株の普通株式への転換開始 を控えて、1株当たり価値の希薄化を抑える原資を確保する。

MSCBの発行日は2005年12月8日、償還日は2007年12月7日の2年債。 利率(クーポン)はゼロで、全額をUBSが引き受ける。飛島建設では、発行済み の優先株311億円が2007年10月から普通株への転換が順次可能になる予定で、こ れによる希薄化を抑制することに調達資金を使う。

飛島建設の株価終値は、前日比7円(3.5%)安の195円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE