堤猶二氏、抗告取り下げ-高裁仲裁でコクドと暫定株主権で合意(2)

西武グループの中核会社コクドは21日、 同社がグループ再編計画実現のため28日に予定している臨時株主総会の、開 催差し止めを求めて東京高裁に即時抗告していた堤義明・前会長の実弟である 堤猶二氏が、同抗告を取り下げたと発表した。同高裁の仲裁でコクドが猶二氏 を暫定的に株主と認めたため。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。