コンビニの10月既存店売上高は2.9%減、客単価続落で-15カ月連続減

日本フランチャイズチェーン(FC)協会が 21日に発表したコンビニエンスストア統計調査月報によると、会員12チェーンの 2005年10月既存店売上高は前年同月比2.9%減の5518億円となり、15カ月連続で 前年実績を下回った。高速道路券(ハイウェイカード)の販売終了により客単価が 大きく下落したことが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。