いすゞ:3年後、営業益6割海外で-GMのSUV用にディーゼル(2)

いすゞ自動車は営業利益で海外事業が占め る割合を2008年3月期までに現在の4割から6割まで高める方針だ。豪州、南 アフリカなどの市場を強化するほか、来年にはドイツに販売会社を設立し欧州で の拡販を狙う。提携先である米ゼネラル・モーターズ(GM)の新型SUV(ス ポーツ型多目的車)向けにディーゼルエンジンも供給する。井田義則社長が18 日のブルームバーグ・テレビで明らかにした。

井田社長は「半分以上、海外で利益が出るようになれば成功と思うが、欲張 れば6割ぐらい利益を出せれば万全だ」と語り、海外事業の収益拡大に意欲を示 した。いすゞはビジネスの軸足を、市場が成熟している国内から需要の高い海外 へと移しており、2008年3月期には連結売上高1兆6000億円、連結営業利益 1000億円の達成を目標に掲げている。

2008年3月期には海外でのトラック販売を今期の倍となる30万台に伸ばし たい考え。このうち、中国で10万台(2004年度実績は3万5000台)を計画。 東南アジア諸国連合(ASEAN=同2万5000台)と北米(同3万台)ではそ れぞれ5万台、豪州・南アフリカなどの一般海外市場(同6万台)では10万台 を見込む。

来年ドイツで販社設立

井田社長は販売計画30万台のうち22万-23万台については戦略を描けて いる状態にあるといい、地域別の進ちょく状況では「中国は若干遅れているが、 一般海外が一番近いところにきている」と説明した。一般海外市場では特にトル コ、豪州、南アフリカ、欧州での拡大を見込んでいるとしている。

さらに、「大陸がいままで若干手薄だった。例えば、ドイツなどにもポテン シャルがある。そういったところを重点的に開拓していきたい。来年初めぐらい には、それらがきちっとかたがつくと思う」と述べ、ドイツで販売会社を来年設 立する方向で検討していることを明らかにした。

豪州では、GMとの合弁会社を11月にいすゞの100%完全子会社としたほ か、南アフリカでもGM現地法人のトラック部門を分社化し、いすゞが過半を出 資することを検討中だ。メキシコでも11月に小型トラック「エルフ」の販売を 開始するなど、海外販売体制の整備・強化を進めている。

ディーゼルエンジン供給

いすゞはGMへのディーゼルエンジン供給を拡大する。井田社長は、2500cc と3000ccの新開発のディーゼルエンジンを供給し、GMの新型SUV(スポー ツ型多目的車)に搭載する計画があることも明らかにした。

井田社長は「ガソリン価格が高騰するなか、燃費効率のいいディーゼルエン ジンが見直されていると思う」と述べ、需要が高まっているディーゼルエンジン の供給拡大により、米国での事業基盤を強化する意向を示した。

いすゞが今期生産するディーゼルエンジン114万基のうち、GM向けは約 50万基と半分を占める。GMと共同出資するディーゼルエンジン生産会社のデ ィーマックス(米オハイオ州)では、大型バン向けに排気量6600ccのⅤ型8気 筒エンジンの増産も予定している。今秋にも設備を増強し、生産能力を現在の年 間20万台から約2万基増やす。

いすゞ株売却の話「出なかった」

一方、井田社長は今月、7.9%を出資する筆頭株主、GMのリチャード・ワ ゴナー会長と会談。その際、GMがいすゞ株を売却するという話題が「1つも出 なかった」ことを明らかにした。GMとは「『トラック事業はいすゞに任せるの が一番』というコンセンサスを得られている」と説明。「協業の成果を見れば、 GMにとっていすゞ株を手放すのは得策ではないと思う」と語った。

業績不振に陥っているGMは10月、保有していた富士重工業株(発行済み 株式の8.7%)をトヨタ自動車に売却しており、いすゞ株を手放す可能性も取り 沙汰されていた。GMに要請していた優先株の取得による追加出資については 「GMからは買うとも買わないともお答えをいただいていない。そのままの状況 がしばらく続くと思う」と述べている。

いすゞは経営難に陥っていた2002年にみずほ銀行、東京三菱銀行など5行 に対し1000億円の債務を株式化し、優先株を1000億円発行した。昨年11月に は三菱商事が額面で94億円、伊藤忠商事が66億円の優先株(第1種優先株)を それぞれ買い取っており、GMにも優先株取得を要請中。優先株は普通株への転 換が可能。GMは1971年にいすゞに34.2%を出資、2002年には48.5%まで高 まった。

いすゞの株価終値は前日比4円(0.9%)高の470円。

--共同取材 東京 藤村奈央子 Editor:Sakihama、Hinoki

Eugene Tang (81)(3)3201-2373 eugenetang@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE