セントルイス連銀総裁:インフレは引き続き警戒必要-再利上げも

セントルイス連銀のウィリアム・プール総 裁は17日の講演で、米連邦準備制度による利上げでインフレは抑制された状態 にあると指摘。ただ、物価には引き続き圧力がかかり、「警戒が必要なことを示 唆している」と話した。総裁は、ケンタッキー州立大学で講演した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。