ドコモ:最大1万円安い海外端末販売へ-調達コスト削減効果狙う(2)

世界第2位の携帯電話会社、NTTドコモが 海外メーカーから調達して販売する予定の携帯電話端末が国内の端末より1万円程 度安く販売される見通しだ。ドコモの宇垣義昭常務兼CFO(最高財務責任者)が 17日までにブルームバーグ・ニュースに明らかにした。同社は安い携帯端末の調 達で経費削減を目指しており、海外メーカーのほか、NECが中国で製造している 携帯端末を国内にも導入することも検討している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。