東燃ゼネ:通期利益予想を下方修正-原油高で7-9月の採算悪化(2)

米エクソン・モービル傘下の東燃ゼネラル石油 は15日、2005年12月通期連結業績の利益予想を下方修正した。原油価格の上昇を 製品価格に十分転嫁できず、利益率が従来予想よりも低下することが主因。在庫評価 は原油高を反映して約130億円の利益上振れ要因となる見込みだが、7-9月期の採 算悪化を補い切れないとみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。