ディズニー映画「チキン・リトル」が2週連続の首位-北米興行収入

先週末の北米の映画興行収入は、米メデ ィア・娯楽大手ウォルト・ディズニーのコンピューター・グラフィックス(C G)アニメ映画「チキン・リトル」が約3200万ドル(約38億8000万円)に 達し、2週連続の首位となった。2週間の興行収入は計8080万ドルとなる。

調査会社エキシビター・リレーションズの13日の発表によると、公開直後 のソニーのファンタジー映画「ザスーラ」は1400万ドルで2位だった。先週末 に封切られたディズニー傘下のミラマックスとウェインスタイン配給のスリラ ー「ディレイルド(原題)」は1280万ドルで3位となった。

チキン・リトルはディズニーが手掛ける初の完全なCGアニメ。「ミッキ ーマウス」などのキャラクターでブランドを確立した同社のアニメ部門はここ 数年、映画「トレジャー・プラネット」などの失敗で苦戦している。

リール・ソース(ロサンゼルス)の興行収入アナリスト、チャド・ハーテ ィンガン氏は「ディズニーにとっては確かに朗報だが、多額の興行収入につな がるようなものではないと思う」とし、「金曜日のベテランズデーが追い風と なった上、競争が予想より少なかった」と指摘した。

エキシビターによると、先週末の上位12作品の興行収入は前年同期比15% 減の計1億1470万ドルにとどまった。年初から11月6日までの北米興行収入 は71億5000万ドルで、前年同期を6%下回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE