世界製鉄大手、2006年は減益へ-中国の生産増で鉄鉱石コスト拡大

製鉄最大手のオランダのミタル・スチー ル、同2位のルクセンブルクのアルセロール、および3位の新日本製鉄は、 2006年に減益が見込まれる。中国による鉄鋼の増産で、鉄鉱石コストが拡大す ることが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。