7-9月GDP、きょう発表-民間予想は前期比0.3%増、年率1.1%

ブルームバーグ・ニュースが民間調査機関 を対象に調べたところ、内閣府が11日朝発表する7-9月の実質国内総生産(G DP)は前期比0.3%増、同年率プラス1.1%成長となる見込みだ。4四半期連続 でプラス成長となるものの、2期連続で鈍化する。GDPデフレーターは前年同期 比1.1%低下と下げ幅が拡大し、名目成長率は前期比0.1%増加が見込まれる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。