米国株時間外:予想上回る決算でピクサー上昇、ソーナスは急落

米株式市場時間外取引では、コンピューター アニメ映画制作のピクサーが上昇。予想を上回る利益を発表したのが好感され、 株価はニューヨーク時間午後5時10分(日本時間9日午前7時10分)現在、

4.71ドル(9.3%)高の55.59ドルを付けた。

ピクサーによると、第3四半期(7-9月)1株利益は22セントとなり、 前年同期の19セントから増加した。米誌インスティチューショナル・インベス ターのメディア・アナリスト番付で首位だったメリルリンチのジェシカ・リー フ・コーエン氏の予想(11セント)を上回った。調査会社トムソン・ファイナ ンシャルがまとめた1株利益のアナリスト予想平均も11セントだった。

ネットワーク機器メーカーのソーナス・ネットワークスは66セント(13%) 安の4.40ドル。第3四半期(7-9月)の売上高は4570万ドルとなり、トム ソンがまとめたアナリスト予想平均(4870万ドル)を下回った。

指数先物は小動き。S&P500種株価指数先物(12月限)は0.3ポイント 安の1222.50。ナスダック100種先物(同)は1ポイント高の1637.50。ナスダ ック100種時間外指数は0.28ポイント高の1628.68。