燃料需要増加が原油価格押し上げへ、来年の平均64ドル-UBS

UBS(ニューヨーク)のエネルギー担当 エコノミスト、ジャン・スチュアート氏は、燃料消費の増加と世界的な生産の 伸び悩みが来年の原油価格を押し上げるとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。