メリルリンチの菊地氏:インド関連銘柄を有望視-スズキなど

メリルリンチ日本証券の日本株担当チーフ ストラテジスト菊地正俊氏は、スズキや関西ペイントなど、インドと関連を持 つ企業が投資先として有望だとみている。インドの経済成長が業績を押し上げ ると予想している。

菊地氏の10月25日付のリポートによれば、インドの人口はある時点で中 国を超えると予想され、多数の日本企業がインドでの事業を拡大している。同 氏はリポートで、インドと日本は産業と人口構造の両面で、補完的な関係にあ ると指摘。政治的関係も良好であり、日本とインドの経済関係は今後強まるだ ろうとの見通しを示している。

菊池氏は、日本の貿易相手手国としてのインドの比重は中国に比べ小さい ものの、今後拡大の余地があるとしている。政治面では中国と異なり、反日感 情もないと指摘した。

同氏は、中国関連銘柄に比べインド関連銘柄の層は薄いものの、インド市 場には潜在成長力があると述べている。同氏はスズキと関西ペイントのほかに、 ホンダやトヨタ自動車、ダイハツ工業、印刷用インクのサカタインクス、制御 機器の横河電機などをインド関連銘柄に挙げた。

インド関連の日本企業は以下の通り。

Suzuki Motor Corp. (7269 JT)
Honda Motor Co. (7267 JT)
Toyota Motor Corp. (7203 JT)
Daihatsu Motor Co. (7262 JT)
Kansai Paint Co. (4613 JT)
Makino Milling Machine Co. (6135 JT)
Sakata Inx Corp. (4633 JT)
Yokogawa Electric Corp. (6841 JT)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE