鳥インフルエンザ、米国上陸なら最大190万人死亡も-政府推計

米政府は鳥インフルエンザが米国に上陸 し、猛威を振るった場合、最悪で190万人が死亡、990万人が病院に運ばれる と想定している。政府が2日に発表した鳥インフルエンザ対策のなかで明らか になった。

マイケル・レビット米厚生長官がまとめた対策には、医療関係者や医薬品 メーカー就労者を優先するワクチン接種計画が明記されている。ブッシュ米大 統領は1日、ワクチンや治療薬の備蓄、調査研究、さらには世界中の公的医療 関係者の教育に71億ドル(約8300億円)を費やす国家戦略を発表した。

政府の諮問機関である米医学研究所のハービー・ファインバーグ所長はイ ンタビューで、「これは自然との闘いだ」と語り、鳥インフルエンザが伝染す る事態になれば、「すべての住人が危険にさらされ、100万人単位で死亡者を 出しかねない」と付け加えた。

米厚生省のワクチンプログラム担当ディレクター、ブルース・ゲリン氏は、 鳥インフルエンザ流行で予想される犠牲の規模が従来の最大20万7000人死亡、 70万人入院から拡大されたことについて、世界で5000万人が死亡した1918 年に始まった流行のような最悪の事態に備えるためだと説明した。

--共同取材 ワシントン Roger Runningen ニューヨーク Erin Burnett ボストン Amy Shniderman Editor: Waldholz.

米政府の鳥インフルエンザ対策に関するウェブサイト

http://pandemicflu.gov/ 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae (1)(212) 617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor:Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Kristen Hallam in Washington at (1) (202) 624-1861 or khallam@bloomberg.net; John Lauerman in Boston at (1) (617) 338-5812 or jlauerman@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Robert Simison at (1) (202) 624-1812 or rsimison@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE